初めてのMahara案内

  

■ Mahara案内

Maharaはニュージーランドで作られた、eポートフォリオを作成するためのツールです。 ポートフォリオとは、「紙挟み」という意味で、目的のために収集された成果物を示すためのものです。学生が、 4年間の学びの成果をここに集約し、過去に何を学び、現在何を学んでいるのか、将来にどのように計画しているのかを 目に見える形で「見える化」したものです。

Maharaのeポートフォリオは、パソコンを使ってデータとしていろいろな情報を蓄積し、日々の学修や活動の記録などを 随時保管していく、webベースのツールです。

苫小牧駒澤大学では、eラーニングシステムMoodleとeポートフォリオシステムMaharaを統合して使用します。 Moodle では授業を単位として活動を行い、その活動は授業を計画する教員が管理しますが、 Maharaでは学生が個人が管理者となり、各自のの活動履歴を管理します。

Maharaのeポートフォリオでは、主に以下のような機能を利用できます。

  1. 「レジュメ」を作成して、各自のプロフィールを紹介。 自分のことに関する経歴(学歴、資格、スキルなど)を登録できます。また、目標設定や計画を記述することもできます。 就職活動するときには、この書き溜めた情報がきっと役立つはずです。
  2. 「ファイル」には、各自のレポートや課題、データや収集した資料を保管することができます。貯めた写真等も簡単に 共有や公開することも可能です。
  3. 「ページ」を作成して、いろいろな情報を公開することも可能です。 つまり、webページが簡単に作成でき、公開レベル(全ての人、友人だけなど)も自由に設定できます。
  4. ゼミやサークル活動など、自由に「グループ」を作成して教師と学生、また学生同士で活動を行うことができます。
  5. 「フレンド」を作って、仲間で情報や資料を共有することが可能です。

詳細については 公式ガイド(日本語版)をご確認ください。

"Maharaの安全性は?"
Maharaのセキュリティはとても高いレベルで作られていますが、個人情報の漏えいや悪用の可能性が全くないと言う保証は ありません。Maharaでは、各自が管理者ですので、掲載情報に関しては個人の責任において管理してください。 特に、他人の著作権に注意して運用してください。

■ Maharaの利用法と設定

最初にMoodleからログインして、Maharaに移動してください。

設定
右上の設定をクリックして、カスタマイズします。
友達申請のコントロール(フレンドコントロール)や他のユーザからのメッセージのコントロールを設定できます。 日本語以外の言語を選択する事もできます。複数日誌にチェックを入れて保存してください。
通知
Maharaではいろいろな状況でメールでお知らせがきます。それをここで制御します。 「メール」は更新が発生するたびメールで通知されます。 「メールダイジェスト」は24時間分の更新がまとめて1日1回メールが送られてきます。 これがお勧めです。図を参考にしてください。

■ Maharaの活動項目

「ダッシュボード」タブ
表玄関です。
「コンテンツ」タブ
自分のプロファイル画面の編集およびマイゴールなどが作成できます。
「マイポートフォリオ」タブ
ポートフォリオに表示するページ(以前はビューと呼ばれていた)を作成し、ファイルやブログへのリンクが編集できます。
「グループ」タブ
グループに参加してグループ内のメンバー同士で活動を行うことや、自分で新たにグループを作成することができます。 また、「フレンド」の招待なども行えます。

■ ダッシュボード

表玄関です。ここは自分の好みでカスタマイズできます。

最新のページ
あなたが閲覧可能な最近更新されたページが表示されます。
マイページ
マイポートフォリオで作成したあなたのページが表示されます。
マイグループ
あなたが参加しているグループやあなたが管理しているグループが表示されます。
ウォール
あなたのプロファイルを閲覧したユーザがメッセージを残すことのできる、個人の掲示板のようなものです。 自分でも書き込むことができます。投稿する際に「あなたの投稿をプライベート(非公開)にしますか?」 にチェックを入れると、その投稿は他の人から表示されなくなります。
注意

デフォルトでは、上記のブロックがあらかじめ表示されています。 このページに表示したいブロックを追加することができますが、このページは誰でも閲覧できるので、 ここに追加するとすべてのユーザから見ることができます。追加する際には、ご注意ください。

■ コンテンツ

プロファイル

「私について」はすべての人が閲覧できます。注意してください。まず、 名、姓、学籍番号を正しく入力してください。 自己紹介は、出身高校、所属クラブと趣味などの3点だけ書いてください。 詳しい自己紹介は別のページで記述しましょう。ニックネームを記入してもしなくても結構ですが、 記入すると通常はその名前で表示されます。

「連絡先」などは今日は記入しません。

プロファイル写真
自分の写真をアップロードできます。
ファイル
フォルダの作成、ファイルのアップロードができます。保存したいディレクトリに移動して そこにファイルをドラッグ&ドロップするだけです。フォルダの作成はフォルダ名を入れて 「フォルダを作成する」ボタンを押してください。
日誌
いわゆるブログです。自分のブログを書いて公開することができます。また、公開せずに個人的な日記として使うこともできます。 複数の日誌が使えますので、公開用と非公開用に分けて使うことができます。
  • 設定の編集ブログの名前などの設定の編集です。
  • 項目の追加ブログのエントリー(項目)の追加です。 日常的なことでもなんでもよいですから書いてみましょう。
  • 公開と非公開各エントリーを公開、非公開(下書き)に変更できます。

レジュメ
  • イントロダクション「個人情報」は記入しても通常は他の人に表示されません。
  • 教育と雇用 教育履歴・職歴などは1行ずつ追加することができます。
  • 業績 証明、認定、受賞と書物や出版物、資格などを記述します。
  • ゴールおよびスキル 3つのタイプのゴール(目標)とスキルを記述することができます。 「パーソナルゴール」では個人目標、 「アカデミックゴール」では大学内での目標、「キャリアゴール」では将来的な目標などを記述できます。スキルも 3つのタイプのスキルを記述することができます。
  • 興味 自分の得意分野など自由に記述してください。
プラン
計画を記述することができます。
ノート
自分が作成したノートの一覧です。

■ マイポートフォリオ

e-ポートフォリオを作成します。Mahara内にアップロードされたリソース、コンテンツを追加することができます。 項目を他のユーと共有しようと考える場合は、これらをまとめ、公開する場所としてページやコレクションを使うことができます。 これは、個人のWebページに相当します。HTMLの知識が余り無くてもWebページを作成することができます。 また、公開のレベルをかなり細かく制御できます。

ページ
表示したいブロックなどを追加できます。まずは、「ページを作成する」を使って新たに作成するか、 「ページをコピーする」を使って既存のページをテンプレートとしてを編集します。ページには、日誌(ブログ)やノート、 画像や動画なども簡単に貼付け浮ことができます。スライドショーも簡単に作成できます。
コレクション
複数のページをまとめて、タブを使って表示することができます。
私による共有
共有している情報がでます。「アクセスを編集する」のアイコンをクリックして、共有の設定もできます
私との共有
このページではあなたが共有しているページの中から、直近に修正またはコメントされたページが一覧表示されます。 これらの共有ページには直接あなたが共有しているページ、フレンドが共有しているページ、 あなたのグループが共有しているページがあります。
エクスポート
独立したHTMLファイルを作成して、保存します。

■ グループ

グループを作成し、グループ内で活動を行うことや、他のメンバーが作成したグループに参加することができます。 また、「フレンド」もここで設定します。

「大学で学ぶために1 2014」のグループに参加しましょう。

  1. 「グループを探す」をクリック
  2. 「大学で学ぶために1 2014」の右側にある「このグループへの参加をリクエストする」をクリック
  3. 理由は、今回は書かなくても良いです。
  4. 送信してください。
【補足】

フレンドとグループの違い「フレンド」は文字通り、「友人同士」です。フレンドになることで、 フレンドにメッセージを送信、グループに招待、ページを共有することができます。「グループ」は同じ活動をする人同士の集まりです。 フレンドになっていなくても、グループに参加することは可能です。逆に、フレンドであっても、グループが違うということもあります。